お金借りる 学生

学生でもお金は借りれる!

 学生がお金を借りようと思っても学生だからお金を貸すところはないんじゃ・・・と思うかもしれません。それは間違いです!大手の消費者金融や銀行系カードローンでも20歳以上で安定的な収入(アルバイト代OK)あれば申込みをすることができます。それでも単純に働いていれば審査が通過するわけではありません。何もわからない場合は「審査」から見てみてください☆

お勧めのカードローン

学生がお金を借りるならプロミスが一番お勧めです。三井住友フィナンシャルグループのグループ会社で業界大手になります。親切丁寧な対応に力を入れてて学生でも真摯に対応してくれます。平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能、プロミスポイントサービスにお申込された方を対象に30日間無利息サービスあり。急いでお金を借りたい!なるべく利息を抑えたい!という学生にはピッタリですよ☆

 

▼ 詳しくはこちらをクリック!

プロミスは30日間無利息!詳しくはプロミス公式サイトで確認♪
キャッシング・消費者金融のプロミス♪自動審査で即回答!24時間申込OK!

 

学生がお金を借りようと思うならモビットもお勧めです。モビットの「WEB完結」という申込み方法を取れば親や学校にバレずに利用することができます。他社にないWEB完結サービスは郵送物なし、電話連絡なしで申込みから借入まで出来ます。三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通口座が必要でスピードや金利より絶対にバレない方法でいきたい!と思うならモビットで決まりです☆

 

▼ 詳しくはこちらをクリック!

≪モビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★
\オススメ/ 頼れる!限度額500万円、年利4.8〜18.0%≪モビット≫

 

申込みから借入までの流れ

 

 学生がお金を借りる場合「申込み」「審査」「契約」「借入」という流れで手続を進めていくことになります。これはお金を借りる会社ならどこに申込みんでも変わりません。

 

 どのようにして申込むか?どのようにして審査結果の連絡を受けるのか?どのようにして契約と借入れをするのか?という手段は違っても基本的にはどんな会社でも「申込み」「審査」「契約」「借入」の流れで手続を進めていきます。

 

 それでも大手の消費者金融は「申込み〜借入れ」までスムーズに手続きが出来きます。大手の消費者金融の中には審査結果が出るまで最短30分というところもあります。これは莫大なシステム投資をしているため貸金業法によって定められている申込者の審査を限りなく効率化し短い時間で結果を出せるようしているからです。もちろん申込者によって状況が異なるので一概には言えませんが、そういう準備はあるということです。

 

 なので学生がお金を早く借りたいと思うなら大手の消費者金融がいいです。WEB申込みの場合、スマホ、PCからいつでも申込みできますし、申込みの入力項目がわからなくても調べて再入力出来ます。

 

 ちょっと前までどんな情報を用意しておけばいいのか店頭に行ってみないとわからない、自動契約機の前に行かないとわからない時代でした。昔から考えると驚くほど苦労せずに手続きが進められるようになっています。

 

申込みから借入までの流れ 続きを読む

 

 

審査の前に知っておくべき事

 

 審査は申込み完了と同時に始まります。業者側は申込み情報から個人の信用情報に照会をかけます。また自社にある過去のデータベースからお金を貸しても問題ないか確認します。

 

 業者側が最終的にどのような判断で審査を通しているのかは分かりません。しかしどのような審査基準なのかは分かります。学生が気をつけたい項目としては「20歳以上で安定的な収入(アルバイト代OK)があるかどうか」という点です。

 

 「安定的な」という意味があいまいではありますが、で1ヶ月や2ヶ月程度の勤続日数ではダメです。業者側の立場になるとわかりますと思いますが、もしあなたが審査する側で1ヶ月や2ヶ月働いて収入があると判断するでしょうか?おそらく答えはNOです。

 

 ここは目安になりますが、少なくとも6ヶ月ぐらいの勤続日数は必要です。あと収入の額も大事です。毎月1万円しか稼ぎがなくて返済していくのはちょっとしんどいかと思います。最低でも3・4万円ぐらいの収入はほしいところです。

 

審査の前に知っておくべき事 続きを読む

 

 

返済方法について

 お金を借りると翌日から利息が発生します。これもどこの会社でも同じですが、利息が発生したと同時に返済の義務が生まれます。

 

 お金を借りた人はみなそうです。契約で決めた返済日までに最低返済金額を振込まないといけません。(口座振替での返済は口座にお金を入れておかないといけません)

 

 返済する方法は「銀行振り込み」「提携ATMでの振込み」「口座振替」があります。口座振替での返済を用意できていない消費者金融もありますので、振込むのが面倒で口座振替希望の場合は契約時に確認して下さい。口座振替にするかどうかは契約時に決めます。

 

 また完済するまでの期間も決まっています。奨学金や教育ローンのように10年以上かけて返済はできません。借入金額や業者によって詳細は変わりますが、最長で7年以内(84回まで)に完済しないといけません。7年間でも十分ですが、完済までに期間があると知っておいたほうがいいですよ。

 

 と言っても、毎月最低返済金額をキッチリ返済していけば期間の内に完済出来るようになっています。(-_-;)

 

返済方法について 続きを読む

 

 

金利はいくらぐらいですか?

 

 学生がお金を借りるときに気になるポイントの2番目が「金利」です。学生が消費者金融でお金を借りる場合、借入希望金額、現在の収入、勤続年数、個人の信用情報など総合的な視点から決められますが、だいたい16%〜18%ほどになります。奨学金や教育ローンと比べて金利が高めに設定されていると思うかもしれませんが、この金利は決して高くありません。

 

 そもそも業者側の売り上げはあなたから支払われる利息(利子)です。金利はあくまでも利率で借入れ金額を掛け合わせて利息(利子)になります。

 

 例えば10万円借りた場合、金利10%でも業者側に入ってくる利息(利子)は月に約833円です。金利10%という表記は『年間』で10%になります。しかし返済は毎月なので金利10%の場合は10%÷12が1ヶ月の金利になります。約0.83%ほどになります。なので月833円の利息という計算になります。

 

 これが住宅ローンの場合、金利1.2%で借入金額2000万円で組んだりします。年間の利息支払が年間24万円、1ヶ月2万円になります。業者側からすると833円と2万円で約25倍も差があります。

 

 そうなんです。消費者金融などの借入れは借入金額が抑えられる傾向にあり、利息の支払金額も少なくなるのです。そのためパッ見て比較すると金利が高いんです。でも実際の利息の支払金額で考えてみると低いほうなんです。

 

金利はいくらぐらいですか? 続きを読む

 

 

消費者金融と法律

 

 消費者金融に関係する法律として貸金業法があります。この貸金業法の中でも利用者が知っておくべき内容は総量規制についてです。総量規制とは利用者の年収に応じて借入金額が制限されるというものです。

 

 この法律はそれまでの社会情勢を背景に平成22年6月18日に施行されました。今まで業者側にまかせていた審査に年収制限を設けて、健全な業界を守るために定められました。

 

 しかし、お金を借りるすべての行為に年収制限をかかってしまうとある程度まとまったお金を借りようとするとお金持ちしかお金持ちを借りることが出来なくなります。

 

 そのため総量規制が適用されない例外があります。例外の対象はいくつかありますが、覚えるのが大変ですので、逆に総量規制が適用されるのは消費者金融や学生専門のローン会社で個人がお金を借りる場合に適用される法律と覚えておくと楽です。

 

 事業資金や銀行での借入、教育ローンや奨学金などは対象外のため年収制限は適用されません。だからといって簡単に借りられる訳ではありません。事業資金や銀行での借入れ、住宅ローンに関しては業者側の審査は消費者金融よりも厳しい場合があります。

 

 なので学生が消費者金融でお金を借りる場合は年収制限があることになります。

 

消費者金融と法律 続きを読む